子供って好き嫌い多いですよね~!!
我が家は、ナナは好きな食べ物はお肉・魚。そして煮たり焼いたりした野菜、きのこ、牛乳はあまり好きではなさそうです。
イロは好きな食べ物が梅干し・なめたけ・魚。そして煮たり焼いたりした野菜・お肉が好きではありません。
おーちゃんは、切り干し大根・バナナ・お肉が好きで、煮たり焼いたりした野菜・うどん以外の麺類が好きではありません。

うちの子たちはどうして火を通したお野菜が嫌いなんだろう~!!
ちなみにセロリやレタス、トマト、きゅうりなど生だと食べます。

食感が嫌なんだろうか・・・??

好き嫌いなくいろんなものを食べられるようになってもらいたい。

子を持つ親ならだれもがきっと思いますよね。


私自身も実は好き嫌いが多いです。

私が嫌いなものは、お肉全般・生魚・カキ、アワビ、さざえ、なまこです。
よく周りからは人生損してるね~と言われます。

私も社会人に出てから好き嫌いが多くて困ったことあります。

会社の宴会なんかでも出ているお料理がほとんど食べられない。
焼肉に誘われない~!!!
大人になってから好き嫌いが多いことは箸の持ち方がへたくそなのと同じくらい恥ずかしいことだなと感じました。

子供たちにはやっぱりすききらいなくいろんなものを食べられるようになってほしい!!!!!

おーちゃんはまだこちらの言いたいことがあまりうまく伝わらないのでしていませんが、ナナとイロには好き嫌いを少しでも減らしてもらおうと、我が家ではやっていることがあります。


その方法をするようになってからは嫌いなもの全部は食べられなくても一口・二口は挑戦します!!!


その方法とは。。。。

基本的なルールとしては、出されたものを全部食べられたら、食後にデザートを食べさせるのです。

うちの子たちは甘いもの大好き!デザートも果物も。
食後のデザートを食べたいので出されたものを全部食べてお皿をピカピカにしようと頑張っています。(笑)
まだお皿に残っているものがあるのに、大好きなものばかり先におかわりしてしまうとおなかがいっぱいになって完食できないことも最近はわかってきているようです。
どうしても嫌いな食べ物があって全部食べられないときは小さくしてあげて一口二口食べられたらOKということにしています。

目の前に嫌いのモノが沢山あると食べられなくても、ちょっとだけ取り分けてあげると意外と食べられるんですよね!
そして、その食べ物がどんな栄養があるのか話をして体に必要な食べ物だということをわかってもらう。
子供が分かりやすい言葉で、例えば、キノコは風邪ひきにくくする栄養があるんだよ!とか、卵やお肉お魚は、タンパク質と言って爪になったり髪の毛になったりするんだよ!!とか。
野菜だったら、お尻が痛くならない良いうんちを作ってくれるんだよ!!とかね。

子供たちが頑張れたら沢山ほめてあげて、デザートを出します。
ナナとイロ、どっちかがたとえ嫌いなものを食べられなかったとしたら片方にだけデザート出します。もちろん大泣きします。でも私の態度は変わりません。
ちょっとかわいそうな気もするのですが、ここで食べなかったほうにもデザートあげてしまうと、頑張って食べたほうの努力が報われませんので。。。

そういうときは、また明日頑張ろうね!!と言って片方だけ食べさせます。(その間も大体泣いています。私も心の中で闘っています。)



この方法も正直何歳になるまでこの子たちに通用するのかわかりませんがしばらくやってみようと思います。

そのうち、なーんだ。。。デザートなんて別に要らないし!!!とか言われちゃうんでしょうか。。。


それまでに苦手なものなくせたらいいな。。。




夏になったら、子供たちが嫌いなお野菜たちを、家庭菜園で子供たちと一緒に育ててみたいなと考えています。
そして収穫したものを一緒にお料理してみたいな。

自分たちで一生懸命育てたお野菜は格別のおいしさだと思うんだよなぁ。。。