九州にお住いの皆さまの安否が毎日心配でなりません。


何度も余震のニュース速報が出るたびに、安心して休むことも出来ない状態なんだろう。。。と居ても立っても居られない気持ちでいっぱいです。
早く地震がおさまり、いつも通りの生活に戻れますように。


忘れたころにやってくる大きな地震。


そのたびに非常用持ち出し袋を用意しよう!寝室に靴を置いておこう!
そう思いながらも時がたち、そう思ったことすら忘れてしまっている自分がいます。


とくに我が家は子供が3人・犬が2匹。
そして、このような大地震が起こったとき我が家の場合主人はすぐに仕事へ向かいます。


主人の職業は自衛官です。
地震が起こってすぐに呼集がかかり、駐屯地へむかってそのまま災害派遣へ行って何か月も帰ってこないことも。。。


そういったことを考えると子供たちや犬たちを守れるのは私だけであって。。。
だからしっかりしないといけないし、仕事へ向かう主人にも心配させないためにも強くいなければいけない。
そう思います。
なので、やっぱり災害に備えてきちんと用意していかなければ。。。と思いました。


今回の地震も夜に発生して、寝ていた方も多かったと思います。
報道でも、タンスが倒れて下敷きになっていたり。。。
シンプルな生活を目指している私ですが、改めてもっと身の回りを整理したいと思うようになりました。


モノは多ければ多いほど、管理するのにお金も時間もかかると思っていましたが、それだけではなく、モノが多いという事は凶器にもなるんです。


私がモノのない生活に初めて興味を持つようになったゆるりまいさんも、震災を経験してからモノを持たない暮らしをされたそうです。




どのお部屋もものが少ないに越したことはないとは思いますが、寝室だけでもモノを置かない何もない部屋ってどうでしょう?
寝ている時に地震が来たら逃げようも隠れようもありません。
タンスや背の高い家具が置いてあると下敷きになる可能性大です。
そして、家具だけではなく、モノが散乱していると逃げるときに足を切ったりけがをする可能性も大です。
securedownload (55)
securedownload (54)
これは我が家の寝室です。
部屋が狭いので男子チームと女子チームに分かれて寝ていますが、家具もものも置かないようにしています。
寝具以外何もない部屋ですが、靴は置いておくようにしようと思います。


一日も早く皆さんが通常の生活に戻れますように。。。。