a0027_002833


今私は9時から14時までのパートをしています。
平日と、土日のどちらか働いています。平日はナナとイロは幼稚園、おーちゃんは保育園に預けています。


とてもありがたいことに私の住んでいる街では一番上の子が小学生に上がるまでは二番目の子をもし保育園に預けると一人目の金額の半額、そして三人目は無料です。
我が家の場合は上二人は幼稚園に行っているのですが、一番下の子だけ保育園ですがそれでも上の子たちが小学校に上がるまでは保育料は無料です。
そうでなければ、保育料結構高いのでこんな短時間では働けません。。。

いろんな働き方があるとは思うのですが、私は短時間ワークを選びました。
選んだ理由は、家事と仕事の両立が難しいと感じることと、私が体が丈夫なほうではない為、あとは、子供たちが帰ってくる時間には家にいてお帰り!!を言ってあげたいという思いから。

私自身も2歳のころから保育園に預けられ母は仕事をしていました。
保育園時代や幼稚園時代は、特にさみしいと思うことはありませんでした。
保育園や幼稚園では先生やお友達が沢山いて楽しかったから。
帰りはお母さんが迎えに来てくれて自転車の後ろに乗って一緒に帰るのがうれしかった。


いまはきっとナナもイロもおーちゃんも私が働いていることでさみしさって感じてはいないんじゃないか?っておもいます。
本心はわかりませんが、幼稚園も保育園も毎日楽しみにしています。おーちゃんも最初は保育園に連れていくと泣いていましたが今では朝、靴はいて、早く行こうよ~!とまっています。
保育園へ行ってからも、私の手を振りほどき先生の元へ行ってしまいます。(逆に私のほうがさみしかったりします。)


最近の私の仕事がある日はこんな感じです。



AM6:00  起床&洗面&朝ごはんの用意
AM7:00  子供たちを起こして朝ごはんを食べさせる。
AM8:00  子供たちを幼稚園・保育園へ
AM8:30  出勤
AM9:00  仕事開始
PM2:00  仕事終了
PM2:10  自宅着&お昼ご飯
PM3:00  幼稚園・保育園へお迎え
PM4:00  自宅着。幼稚園と保育園から持ち帰った物の洗濯。次の日の登園準備。
PM4:30  子供たちと遊ぶ。
PM5:30  夕食準備&お風呂掃除&洗濯機回す。
PM6:30  夕食&歯磨き
PM7:30  お風呂
PM8:30  絵本読んでから寝かしつけ


ここからが問題です。。。

子供たちを寝かしつけしてると私が寝落ちするのです。三日に一日は寝落ちします。
私が寝落ちしている間、旦那が食器洗いや洗濯物をたたんでくれています。ごめんよぉ。。。
PM9:30  はっ!!と目が覚めそこから洗濯たたみ、片付け掃除機です。
PM10:30  やっと夫婦二人の自由時間です。旦那はスマホゲーム、私はPCしながら今日あったこととか話して・・・
PM11:30  就寝。。。

短時間勤務でも結構バタバタなんですよね~!まだ子供たちが4歳と2歳って事もあるのかも。お風呂も入れてあげないといけませんし、一日に100回くらいお母さん!お母さん!これやって!と呼ばれますからね。
子供たちがもう少し大きくなったら時間にも余裕が出来るのかも!


職場の経営者はとーーーっても良い人で、子供たちが風邪などで仕事をお休みしないといけなくなった時には、「子供があっての仕事だから!子供たちきちんと見てあげてね!」って言ってくれるんです。
子育ては社会全体でしないとね!!って!!
そう思ってもらえるとこちらもこの会社のために頑張ろう!!って思えますよね!!

そして。。。

社長、「子供たち大きくなったらもっと長時間働けるようになるよ!期待してるからね!!」と。。。 


それ言われて私は考えました。

子供たちが小学校とか行ったらどれくらいの時間働こう!?って。

私が小学校の時、学校から帰ってきたら誰もいない家で弟とお母さんの帰りをさみしく待ってたな。。って。
冬なんかは帰ってきたら家が暗く寒くて本当に悲しかった。

自分が親になって子供たちにはどうするのか。

やっぱり、子供たちが帰ってきたときには「お帰り!!」と言ってあげたいな。
時間に余裕があり出来ることなら、宿題を見てあげたりお菓子を作ったりしたいな。

そう思うと、社長にはすごく申し訳ないけれど短時間勤務なのかな!?って思います。

今も、ものすごく生活に困っていて私が働かないと生活していけないっていうわけではないのですが(余裕はありませんが。。。)、生活を大きくしていかないようにしようって思いました。
短時間勤務でも。。。もし私が仕事を辞めたとしても生活に困らないように。。。
必要最低限のものしか買わない。ものは増やさない。身の丈の生活を心掛けて。見栄は張らない!!!
そういうことを心掛けて生活を小さくしても幸せな家庭にしていきたいものです。