メイク道具の置場所を洗面台の引き出しからキッチンの換気扇の上に変えました。



 

我が家にドレッサーは無い。


結婚する前はドレッサーを持っていました。

 

メイクするときはドレッサーの椅子に座り、大きな鏡を見てメイクしてました。

 

 

でも、ドレッサーってメイクするときにしか使わない場所であって、なら、わざわざそこでメイクする必要あるのか?と。

 

それからというもの洗面台で、洗面から歯みがき、メイク、ヘアセット全てするようになりました。

 

 

それで困ることは無かったのと、場所を取るということもあり、ドレッサーは手離しました。

 

 

 

生活スタイルが変われば、モノの管理方法や収納場所も変わる。


 

今私はキッチンでメイクしています。

 

というのも以前は洗面台でしていたのですが、私がメイクする時間と子供たちの朝御飯の時間が一緒なのです。

 

洗面台でメイクしていると、子供に何度も、「お母さん!!牛乳おかわり無いの?」「お母さん!!こぼしちゃった、、、」といった感じで呼ばれ、その都度、洗面台からキッチンまで行かなくてはいけません。

 

 

キッチンだと呼ばれてもすぐ応えることが出来ます。

 

 

もともとメイク道具は数も少ないので無印良品のボックスに入れて、さっと取り出しやすい換気扇上においています。



(頭上なので、重いもの瓶などの割れ物は地震の事を考えておくのはやめています。)

 

 

 

キッチンには食事を作るのに必要なアイテムだけを収納すべき!!というあたり前の発想をやめてみる。


キッチンって、食に関するものだけを置くイメージですが、
そんな当たり前のような発想を辞めてみることにしました。

 

さすがに、キッチンに靴なんかがあるのはどうか?と思いますが。。。

 

おいても衛生的に問題のないようなものなら、自分がよく使う場所によく使うものを収納しておいた方が動線が短く楽です。

 

片付けるのが苦手な人は、この動線が長い(遠い)傾向があるそうです。

 

片付けるまでに時間がかかるからモノを出しっぱなしにしてしまう。

 

 

当たり前の発想を少し辞めてみて、暮らしやすい生活を手に入れてみませんか??

 

 

 

ではでは~♪

 
▽片付け・掃除に関する記事はコチラ▽(ブログテーマ)
収納・片付け

掃除&片付け

もっと心地いい暮らしがしたい!

すっきり暮らす


 
▽時短家事で自分時間を増やそう!!▽(ブログテーマ)
時短家事の工夫
もっと心地いい暮らしがしたい!
家事が楽しくなるモノ・工夫
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
家事がラクできる家づくりの工夫♪