a0027_001434

ナナイロ、年中さんになって一週間くらいかな。
クラス替えもあって、29人中7人は今まで年少さんだった時のお友達。
そしてあと22人の子たちは違うクラスだった子たちなのですが、その22人自体はみんな同じクラスだった子たちのあつまりです。


新しいクラスは女の子が多いようで、年少さんにもなると女の子同士いろいろ問題も出てくるようで。。。
イロが、新しいお友達に『大大大嫌い!!』と言われたようで悲しかった。。。と相談されました。
大嫌いと言われるからには何か理由もあるんだと思います。
一応担任の先生にも相談して相手の子に聞いてもらいました。
そしたら、仲間に入れて!とイロが言わないで入ってきたことが気に入らなかったようです。


そこでイロに聞いてみると。。。
入れて!っていったんだけど、だーめ!!って言われたと。


子供の話なのでどこからどこまでが本当なのかわかりません。
相手の子が嘘をついているのかもしれないし、もしかしたらイロが嘘をついているのかもしれません。
子供は親に自分が不利になるようなことは言わないですよね。。。私も小さいころそうでしたから。
それは、イロだけじゃなく、きっとほかのお友達も一緒だと思います。
だから、結局その場で見たり聞いたりしていなければわからないこと。


そんなやり取りがあって、相手を傷つけたり・傷つけられたりしながらこらからの長い人生の人間関係を学んでいくんだと思います。


親としては聞いているとやっぱり心配だし悲しもなります。
やっぱり我が子はかわいいですから!!


イロにはこう伝えました。


幼稚園であった楽しいこと・悲しかったこと・うれしかったこと・嫌だったこと。いろんなことがあると思うけれどお母さんに教えてくれたらうれしいな!!と。
そして、忘れないでほしい。 誰から嫌いって言われたって、お父さんもお母さんもナナイロの事が大大大好き!!なんだよ!って。


そして、わたしも反省したことが一つあります。
仕事から帰ってきて、疲れと忙しさのあまり、ナナイロが幼稚園であったこと・帰ってきてからお絵かきしたものを見て~!!と言ってきたとき、流すような感じで話をきいていたこと。
うんうん!そーだね!!よかったね!!って。


本当に反省しました。


きちんと手を止めて話を聞いてあげなきゃ!!!
それが出来ないのなら仕事やめたほうがいいかも!!!って思いました。


ナナイロ、おーちゃんが小学校に上がったら仕事の時間をもう少し増やそうかな!?と思っていた時期もありましたが、やめようと思いました。
小学校・中学校の頃ってちょうど人間関係にいろいろ悩む時期じゃないでしょうか?


悲しい気持ちで学校から帰ってきたとき、せめておうちの中は明るく・おいしいおやつやご飯を用意して迎えてあげたい。
悲しいことがあったのに家に帰ってきたら電気もついていなくて。。。なんて悲しくないですか!?
もう少し大きくなったら学校で嫌なことがあっても親に隠すようになるかもしれません。


だとしても、子供の様子をしっかり見ていれば何かあったかどうかは親の私たちには一目瞭然だと思います。
どんなことがあってもお母さんはあなたたちの味方!!
そう言ってあげられる母親になりたいです。


そう考えると、仕事の量・時間は増やせないな・・・と。
今までと同じ、9時から14時くらいにしておきたいです。
子供が帰ってくる前には家についているように。。。


そして、たくさん働かなければいけない状態にならないように、今から生活は大きくしないように心がけたいものです。