a0001_017421

 

 

こんばんは。見た目からは想像できないくらい、意外と真面目なmakiです。
完璧主義で、人と自分をくらべると言うよりは、常に自分との闘い的な感じです。

 

自己肯定感が低いのもあるのかもしれません。

 

いくら頑張っても、まだまだこんなんじゃダメだ!!もっとできるはず!!
といった感じで、自分を追い込みます

 

周りからは、『よく頑張ってるよ!!』と言われても、それを素直に受け入れません。。。

 

 

 

なんて頑固なんでしょう。。。私。

 

だから、鬱にもなってしまったのかもしれませんね。(過去に不眠症、パニック障害、強迫障害、うつ病で通院歴ありです。)

 

 

 

でも、それが私なんです。

 

 

 

一度、真面目すぎるがゆえに病気になってしまった経験があるので、その経験を生かして、頑張らない努力をしています。

 

 

頑張りすぎない為にやらないと決めた事


 

1.旦那が不在の日は夜ご飯を作らない


我が家は月に平均して五日間ほどは主人が不在です。泊まりで帰ってこない日は、夜ご飯を作ることをやめました。

 

まだ、お風呂や身の回りのことが出来ない、双子年子の面倒を見るのは、大人一人欠けるだけでめちゃめちゃ負担が増えます。

 

 

それだけではなく、一生懸命一汁三菜作っても子供たちだけだと、残すんですよね。

 

洗いものも、極力カットしたいので、紙皿を使い、簡単にレトルトカレーや冷凍ピザ、牛丼を冷凍しておいたものをチンして食べてます。

 

 

 

毎日がレトルトと言うわけではないし、普段はしっかり栄養面考えているので、たまにはいいかなーと思っています。

 

 

疲れることが事前にわかっている日は、極力楽できるように工夫します。手を抜きます。

 

 

 

2.気のすすまない飲み会や集まりに参加しない


働くと職場の飲み会も増えますね。

幼稚園のママ達の集まりだったり。

 

いままで、私はそういった集まりにはなるべく参加しようと思っていました。

 

 

でもね、それが心から楽しいと思える仲間の集まりならいいと思うんです。

 

 

でも、あくまで職場の飲み会は職場の人間の集まり。
ママ友の集まりは子供つながりの集まり。

気は使うし、聞きたくない噂や愚痴を聞いてしまうからなのか、ものすごい負のパワーが強すぎて、だいたい翌日寝込みます。。

冗談ではなく。本気で脱力です。具合が悪くなるんですね。。。

 

 

なので、自分が楽しい!行きたい!と思う集まり以外、毎回参加することはやめました。

 

たまーに、顔を出すくらいでいいかなーと。

 

 

 

 

3.体調が悪いときは子供たちに関わる最低限の事意外しない。


 

昔からあまり身体が強くない私。

血圧や血糖値の関係で頭痛がひどかったり、昼過ぎまで寝込んだり。。。

 

そんなときは、家事や育児は、子供たちに関わる事以外するのをやめました。

するのはご飯を食べさせること、子供たちに薬を塗ったり飲ませること。それだけ。

 

洗濯や食器を洗うこと、掃除はやめます。

 

体調が悪い時に無理して頑張らなくても特に支障のない事ばかりです。

 

大げさに言うと、死ぬことはありません!!(笑)

 

 

 

 

まとめ


私のように、ついつい頑張りすぎてしまう人って少なくないのでは??

 

 

ついつい、頑張りすぎてしまう。

 

年齢を重ねれば重ねるほど疲れって、簡単にたまるわりには、なかなか疲れとれません。

 

頑張りすぎて、体や心の不調が長引く前に、ちょっと立ち止まって、頑張りすぎることを辞めてみませんか??

 

 

頑張り屋さんって、自分が頑張っていることすら気づいていないものです。

 

 

自分が気付いていないうちにすごく頑張りすぎていますよ!!

 

 

何か一つや二つ、頑張らないことを決めて生活してください。

 

たまには休むことも大切ですよ。

 

 

 

ではでは~♪

 

 

 

 

本日オススメのブログテーマ(^^♪

手抜きしながら頑張らない双子育児



シンプル・ミニマルライフの美容と健康