うちの2歳の末っ子おーちゃんは自閉症と診断されています。

 

securedownload (11)

関連記事

自閉症の言語訓練(ST)療育の内容。言葉を引き出す訓練法とは。


発達障害・自閉症かな?と思うママさんへ。我が子が自閉症と診断された私が伝えたい事。そして今後の情報を伝えたい。


言葉が遅い、不思議な行動、自閉症!?



そのことを人に話すと必ずと言っていいほどよく言われる言葉。


 

 

『makiちゃんだから、makiちゃんだからこそ自閉症の子が来たんだよ!選んできたんだよ!!』と言われます。

 

 

そういう障害を抱えた子でも育てていける力を持っているから、その子はあなたを母親として選んできたんだよ!!という感じでしょうか??

 

よく、心臓病や、小児がんなど重い病気を持った子の親御さんも周りから言われる言葉ではないでしょうか??

 

でも、私、ソレって違うな。。。って思うわけです。

 

障害を持った子の親にならないと分からないことかもしれませんが、私たち障害を持った子の親は初めからそんな立派な人間ではありません。

 

自分が立派な人間だから障害を持った子が自分のお腹へ来たとは思っていません。

 

その障害が分かったとき、正直認めたくない気持ちだってありました。

これからどうしたらいいのか毎日悩みました。

自分のせいなんじゃないかって責めました。

たくさんたくさん涙してきました。毎日泣きました。

 

 

はじめっから立派で強い母親なんかじゃないんです。


 

毎日笑っているように見えるけれどたくさんの苦労があって、でも、自分のところに産まれてきてくれたからこそたくさんの喜びがあって、たくさんの発見があって、そんないろんなことがあって笑顔でいられるんです。

 

障害を持った子を育てる力があるから神様や子供に選ばれてきたんじゃなくって、子供と共に自分自身が成長するための課題なんだと思う。

 

自分自身が成長できる宝物。

 

障害を持った子が自分のところへ来なかったらわからなかった・気づかなかったいろんなことを私も今学んでいます。きっとこれからも。。。ずっと。。。

 

はじめっから強い人間なんかじゃない。

 

でも、それでいいんだ。

 

沢山悩んで泣いたっていいんだ。

 

誰もが経験できない学びをこれから我が子と一緒に学んで成長していける。

 

 

ソレって、実はすっごく幸せな事。

 

誰にでも経験できないことを経験できるなんて、すごい事。

 

成長させてくれて。。。

いろんなことを気づかせてくれて。。。

お母さんにしてくれて。。。

改めて、自分のところへ産まれてきてくれてありがとう!!

 

 

そう思います。