我が家は元々ものが多くない方らしいです。
前に住んでいた借家の一軒家から今の新築へ引っ越してくるときに引っ越し業者に見積もりを取ってもらったのですが、その時に物の少なさに業者さんはびっくりしていました。

引っ越しの日も、「結婚していて子供もいて、一軒家に住んでいるのに大きなトラック一台で全然間に合いました。荷物少ないですね!!」と、業者さん。まだトラック隙間ありましたしね~。

でも、私の中ではうちってものが多いなぁ~と思っていたので、世の中の人たちはどれだけものを多く持っているのだろう??
私の実家もものが少ないです。

と、いうより必要なものしかないような状態です。
一方主人のご実家はたくさんのものがあります。 きっと一般的には主人の実家のような家庭が多いのだと思います。
私の実家が異常なのかもしれません(笑)

でも、私が目指すのは自分の実家位ものが少ない暮らし。

子供が3人いるとなかなか難しいですが。。。
我が家も子供が大きくなってきてからはおもちゃや、紙類、洋服なんかも増えてきていて定期的に整理しなきゃな。。。と思っています。



今まで毎日普通に使ってきて手放せなかったモノを去年手放してみました。

トースター・お湯を沸かすティファール・ヤカン。

どれも普通に毎日のように使っていたものです。
朝はほとんどトーストだからトースターは使うし、ティファールもちょっとお茶やコーヒー飲むときなんかにすぐに沸いて便利だし、ヤカンは大量の麦茶作るし~。

でも、このモノたちに代わるものがすでに家にあるのです。


トースターがなくても、電磁調理器に備え付けてある魚焼きのところ。
これでパンも焼けるし、お餅だって問題ない!!!
さらにこの魚焼きグリル超便利で、私は揚げ物の時にも大活躍しています。
グリルの網にキッチンペーパー敷いておいて、揚げ物をそこへ置いておくだけで油切りもできちゃうし、何といっても揚げ物鍋からの距離が近い!!!
最高に便利です。


そして、ティファールとヤカン。
こちらもなくてもまったく困らなかったです。
ちいさな鍋で用足ります。
ティファールやヤカンだと細かいところが洗いにくかったりそして地味に場所取ります。
小さなソースパン一個あるとちょっとお茶・こーひーだってすぐにお湯が沸くし、大量の麦茶も少し濃い目に煮出して、お水で薄めればお茶の熱いのが冷めるまで待たなくても飲める!!


結局そのモノたちが今まであったことすら忘れてしまうくらい今はなくても平気です。

なければなくてもその生活になれるんですよね。
始めはトースターもティファールも違和感ありました。

でも、どの違和感も3日です。

慣れってすごいですよね!!!



我が家では今また将来的には手放したいな。。。と考えているものが。


それは、ソファ・炊飯器・電子レンジ・バスタオルです。

ソファは、置いてあるだけで場所をとるしソファのしたにほこりが溜まるのが嫌。
ソファはいつも子供たちのジャンプして遊ぶ道具になっていて私たち夫婦はほとんど座ることはないです。

炊飯器は、朝タイマーで炊けるのは便利ですが、炊飯器で炊くご飯よりお鍋で炊いたご飯のほうが断然おいしいし、手入れも楽。


電子レンジは、ちょっと難易度高くて結局捨てられない気もしますが、毎回毎回温めなおして食べるよりもその時その時で作ったものの方がおいしいに決まってる。
電子レンジでチンした食材は栄養壊されてるって聞くし。でも、今はその時間の余裕がないので、電子レンジはまだまだ先かな。
バスタオルは、もういらない気がします。お風呂上りに一人一枚使ってたら毎回お洗濯の時量が増えるだけ。
少しおおきめのフェイスタオルがあれば十分身体拭けます。
そして、お洗濯の量も減る。収納スペースも減る。


そんなことを考えていると、当たり前のように必要だと思って買っていたモノも実は何かで応用できたり、実はなくても平気なのかもしれません。

私たちはモノに恵まれた世の中になれてしまって、当たり前だと思いそのモノをかって使っている。でも、少し考えれば必要ないのかもしれない。
必要のないものを買わなければそのお金を違うことに使える。
家族との思い出だったり、子供たちの教育費だったり、老後の生活のためだったり、自分たちの健康のためだったり。


やっぱり思います。

お金は生きた使い方をしたいなぁ。。。と。