なないろな毎日

双子・年子の子育てと、シンプルにスッキリ暮らすことでゆとりのある生活を。子育て・シンプルライフ・ミニマルライフ・節約・時短に関することを綴っています。

カテゴリ:子育て > 自閉症

こんにちは。今日は、おーちゃんがずっと行きたいと言っていたマックへ。自分で注文して、自分でお金を払いたい!おつりをもらいたい!と。。。マクドナルドの店員さん、忙しいのに優しくご丁寧に対応して下さりありがとうございます。一人だとお得な感じのするマックも、家 ... 続きを読む
DSC_0870
こんにちは。

今日は、おーちゃんがずっと行きたいと言っていたマックへ。
自分で注文して、自分でお金を払いたい!おつりをもらいたい!と。。。


マクドナルドの店員さん、忙しいのに優しくご丁寧に対応して下さりありがとうございます。




一人だとお得な感じのするマックも、家族五人でいくと3000円近くなります。
立派な外食です・・・

3000円って我が家の4日分くらいの食費(笑)







ここ何日か、おーちゃんの幼稚園・保育園問題で悩んでいました。



悩みすぎて、ご飯も食べられなく・・・お酒も美味しくなく。。。。
胃の調子も悪く、お腹に空気がたまっている感じ。。。





DSC_0867
薬局でオススメされた天然アミノ酸ミネドリン をのんだら復活してきました♪
(周りに洗い物・眼鏡が写っていますがご勘弁を。。。疲れてました。)





(あぁ、、、薬局より楽天の方がかなり安かった・・・)







障がい児って事だけで、健常の子たちに比べると、幼稚園も保育園も入るのにすごく難しいんです。
殆どが断られます。。。


多分、待機児童問題も大変だとは思うのですが、それより正直、絶望的です。




おーちゃんの場合、軽度の自閉症と言われているのですが、通園センターに通っていること・病院で診断されているという事実だけで、幼稚園・保育園の面接で断られます。




でも、ナナイロの幼稚園でも、各クラスにグレーな子は何人かいるわけで。



子供の発達の事を考えて通園へ行ったり療育を受けているという事が、
幼稚園に入るときにネックになるとは知りませんでした。。。





その事実を知ってる親御さんは、自分の子供がグレーでも、言葉が出ていなくても、不安なことがあっても、、、、
結局幼稚園に入れなかったら困るからと言って、3歳児検診などで引っかかっても、発達相談へは行かない人もいるそうです。

無事、入園してから保健センターへいって発達相談してもらうそうです。。。




じゃないと、幼稚園に入れないから。。。





グレーな部分を隠して入園した子は、まさか園側でも退園させるわけにはいかないので加配の先生を付けて、最初から療育を受けてたり通園に通っている子ははじかれるなんて、すごく理不尽で。。。




おーちゃんは、席に座っていられるし、言葉も話せるし、身支度も自分で出来るけど何かスイッチが入ると癇癪起こしやすいところだけが問題。



席にも座れず、教室を飛び出し、身支度も出来ない・・・おーちゃんより手がかかるのでは??という子が普通に加配を受けれて幼稚園に入れている。



なんだかなぁ~。。。って。





これじゃぁ、子供たちの成長を促すために早期に療育を受けたほうがいいのに、
幼稚園・保育園問題で・親の都合で療育を受けられないとなると、
その子の今後の人生に関わってくるわけで。。。



そういう風に持って行かなくてはいけない流れになっちゃってる市の方針?国の方針をどうにかしてもらいたい。。。そう思います。



実際、自分が障がいを持つ子を持ってみて初めて分かる不自由さ。


今後、就学するときもいろいろ悩むんだろうな。。。




こうやって理不尽なことをどうにかしたいと思っていても、
結局自分一人の力じゃどうにもならないんだよなぁ。。。と思いつつも、何か訴えないと・・・
障がい児を持つ親じゃないと分からないこともたくさんあると思うから・・・


だから、ほんの小さな力かもしれないけれど、市や教育委員会へ要望書を提出してきます!!



健常の人も障がいを持つ人もみんなみんな幸せに楽しく暮らせるように。。。


今障がいを持っていな人だっていつ病気や事故で障がいを持つかわからない。




どうか、自分には関係のない問題だと思わないで少しでも障がいの事を知ってほしい。



あっ!!24時間テレビですね!!


にほんブログ村テーマ
それぞれの*発達障害と共に*

発達障害児を育てています

自閉症

発達障害を前向きに捉え、がんばる人















ランキングに参加しています♪
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

私は、自分で自分の事を強いとかしっかりしているとか思ったことはありません。   結構すぐ落ち込むし、すぐ悩む。 おまけに体もそんなに強くはないので浮き沈みがあって沈んでる状態が長く続くこともある。     特に、仕事の事とか人間関係の事なんかよりも、やっぱ ... 続きを読む
私は、自分で自分の事を強いとかしっかりしているとか思ったことはありません。

 

結構すぐ落ち込むし、すぐ悩む。
おまけに体もそんなに強くはないので浮き沈みがあって沈んでる状態が長く続くこともある。

 

 

特に、仕事の事とか人間関係の事なんかよりも、やっぱり悩むのは子供の事。

 

子供のことに比べたらほかの悩みなんてちっぽけなことだな。。。と思えます。

 

 

 

 

我が家の、末っ子おーちゃんは、自閉症です。




産まれてからの健診ほぼ引っかかってきました。
多少ね、私自身も上の子たちや周りの子たちと何か違うな。。。と感じてきたわけです。

 

親の感って当たるものです。
やっぱり父親の感は当てにはならないな~って思いました。

 

 

やっぱり母親の感です。

 

 

病院で『自閉症』と診断されるまで毎日とっても辛かったです。

上の子たちにはなかった行動・そして言葉どころか喃語もまったく出てこない。。。

 

ネットで調べれば調べるほどほとんど当てはまる我が子の行動。

 

目の前が真っ暗。

 

この子は自閉症なのか?いや、違うのか。発達障害なのか?個性なのか。

この子は、普通学級に通えるのだろうか?
この子は私が死んだら一人で生活できるんだろうか?

 

 

 

健診や子育てサークルで、同じ位の月齢の子を見るのがすごく嫌だった。

 

比べてしまうから。

 

比べたくなくても明らかに違いが見えるから。

 

辛くて辛くて、自閉症じゃない!!と思いたい気持ち。
ネットで出てくる同じような症状・行動に心引き裂かれ。

 

 

何が辛いって、自閉症なのかどうか答えが出ないことが一番つらかった。

 

 

病院で【自閉症】だと診断されたときは、どこか安堵しました。

 

 

 

 

 

 

我が家の、双子のイロ。


 

実は妊娠5か月の時に、エコーで、心臓に石灰化した影があり、首のむくみのようなものもあると言われました。

 

 

産まれてきても、ダウン症の可能性が大きい事、そして、ダウン症でなくても、心臓に疾患があるだろうと言われました。

 

 

心臓にうつった影は出産当日までやはりあったのですが、誕生してからの検査で、影が消えていきました。いまだに原因が良く分からないのですが、、、

 

そして、ダウン症でもありませんでした。

 

 

 

 

イロの時も、おーちゃんの自閉症と診断されたときもそうですが、
周りからは、『makiちゃんが、しっかり者で強いママだから子供がmakiちゃんを選んできたんだよ!!』と言われた記憶があります。

 

 

私は強くなんてない。
沢山悩んでるし。。。沢山泣いているし。。。
いっそうのこと、子供と一緒に死んじゃおうか??そんな馬鹿なことも考えたことのあるくらい弱くて情けない人間です。

 

 

だからね、やっぱり、障がいを持って生まれてきた子がいない人に、そういわれると辛いんです。
もちろん、言ってる方は悪気なんてないと思うし、むしろ、励ましてくれようと思って選んだ言葉だと思います。

決して簡単に発した言葉じゃない事わかってます。

 

でもね。。。
それもわかっているけれど、どうしても、辛くて涙になります。

 

 

 私の気持ち。


 

おーちゃんが通っている市の療育通園センターで今年、役員をすることになって
いろんな障がいを持ったお母さんたちとかかわる機会を持てることになりました。

 

本当にいろんな障がいを持っている子がいて、『子供があと何年生きられるか分からない』という方もいました。

 

そして、私が感じたのは、お母さんたちみんな強い!!たくましい!!
私が言われて辛いと思ったその言葉と同じことを思ったんですね。

 

お母さんたちと、【しっかりしてるし、強いママだから選んで生まれてきた】って言われることに関してどう思うか話しました。

 

 

やっぱりみんな、その言葉には励まされない。むしろ辛い。と。

 

 

 

私たち、障がいを持った子がいるママたちは思うんです。

 

 

最初から強くて、しっかりしているわけじゃない。

 

何度も悩んで何度も涙して何度も傷ついて、何度も自分を責めて。

 

あーすればよかったのかな?こうすれば障がいを持たずに生まれてきたのかな?

 

そんなことを毎日、何年も思い続けて。。。

見えない出口を探して。

 

 

 

 

 

そんなことを何年も続けて、今できる最善を尽くして・・・
それで、この子たちにふさわしい強いママになったんだ!!って。

 

 

強くしてくれたのは、子供たちなんだよね!!って。
誰もが経験できるわけじゃない特別な人生の課題を神様から頂いて、
自分も子供も立派に魂の成長をしているんだよね!!って。

 

 

自分の人生・そして我が子の人生を悲観して、死んじゃおうか??って悩んだお母さんは私だけじゃなかった。

 

でも、今こうして、我が子が泣いたり怒ったり、笑ったり、周りに比べたら本当に小さな成長を見せてくれたり。。。

 

生きてるだけで充分なんだ!!!
今日も一緒に過ごせたことが幸せなんだ!って。

 

一緒にいれるだけで良い。

 

 

それだけで幸せだし、一日一日に感謝なんだな~って。

 

 

 

そんなことを考えながら、日々日々強くなっていってるわけです。

 

 

 

成長させてもらってるんです。

 

 

あまり、弱い自分はブログには書きたくなかったのですが、
自閉症や発達障害で、なないろな毎日をみにきてくださってる方もいて。

 

同じ気持ちの人いるかな?って。

 

 

辛いよね。不安だよね。自分責めるよね。

 

でも、あなただけじゃないよ!!
一人じゃないよ。

 

忘れないでほしいのは子供のぬくもりと笑顔。

 

辛くて心細くなって。。。
涙することもあると思うけれど、私も味方だし、一人じゃない。

 

一緒に胸を張って歩いて行こう!!!

 

 

 

 

 
自閉症・発達障害の記事です(トラコミュ)

それぞれの*発達障害と共に*
発達障害児を育てています
自閉症
自閉症スペクトラム
~自閉症児の育て方~

 

我が家の、末っ子おーちゃん、2歳半ごろに自閉症と診断され、月に2回市の療育へ通っています。   おーちゃんは、言語訓練(ST)療育を受けています。   双子のナナとイロは1歳になる前にすでに、ジジ・ババなど単語が出ていて、一歳半前には2語文3語文出ていました。おそ ... 続きを読む
我が家の、末っ子おーちゃん、2歳半ごろに自閉症と診断され、月に2回市の療育へ通っています。

 

おーちゃんは、言語訓練(ST)療育を受けています。

 

双子のナナとイロは1歳になる前にすでに、ジジ・ババなど単語が出ていて、一歳半前には2語文3語文出ていました。おそらくナナイロが早すぎるのだとは思うのですが、おーちゃんは、1歳半検診の時点で、あ~あ~、う~う~などの喃語すら出ていませんでした。

 

2歳7か月過ぎから市の療育へ通い言葉の練習をしています。

 

今現在3歳2か月ですが、発音はあまりよくはありませんが、二語文・三語文、それ以上も出てきていて、保育園の同じクラスの子たちと比べてもあまり違いを感じないくらいになりました。双子のお姉ちゃん達とも対等に喧嘩が出来るくらい(笑)

 

今回の療育の内容です。

 

療育に通っていないけれど、お子さんの言葉の発達で悩んでいる方がいたら、家で出来る訓練もあるので是非参考にしてほしいです!!

 

 

過去の療育の内容はコチラ。

自閉症の言語訓練(ST)療育の内容。言葉を引き出す訓練法とは。


自閉症の療育を受けて感じた事。障害があっても無くても同じ事がいえる。~苦手なことは補えれば良いという事



自閉症の言葉の引き出し方。言語訓練(ST)療育の内容


 

 

img_1672

 

療育では、毎回ゲームや遊びを通じて言葉の訓練をします。

 

これはパズルなのですが、同じ豚さんの絵なんですが大きさが5種類あります。

我が家も5人家族なのですが、『この豚さんも大きいのがお父さん、次に大きいのがお母さん、その次がナナ、その次がイロ、一番小さいのがおーちゃんね!!』

『こっちとこっちはどっちが大きい?どっちが小さい?』というやり取りをして、【大きい・小さい】を教えていたように思います。

 

 

img_1673

大きい順に並べて、左から『お父さん、お母さん、ナナ、イロ、おーちゃん!!』そんなことを話しながらパズルを完成させました。

 

 

 

 

 

 

img_1675

 

今回は発音の検査をしました。

絵カードを見せて、それが何かをこたえられるかどうかと、正しい発音をしているかどうかを先生がシートでチェックしています。

 

おーちゃんは、さ行とた行が苦手そうです。

でも、特に自閉症の子でなくても3歳児って、発音間違っている子が多いそうで、そこまで心配はないと言われました。

 

徐々に正しく言えるようになってくるケースが多そうです。

 

 

間違った発音をしたときは先生が、おーちゃんに口元を見せながら発音を真似させていました。

 

口の動きを見ることって大切なんですね!!

 

 

おーちゃんが、まだ、単語すら出ていなかった時にもそういった訓練をしていました。

 

 

まだ、お子さんが単語も出てきていない!!という場合は、例えば、バナナだったとしたらバナナをお母さんやお父さんの口元に持ってきて、口元に注目してもらい、ゆっくりと『バ・ナ・ナだね~』といって言葉を教えるといいそうです。

口元を見せずに、離れた場所から、早口で言葉を話しても、子供はなかなか聞き取れないし、何の事を言っているのかも分からないそうです。

出来れば、絵本を見せるときも顔の横に絵本を持ってきて、お話しするのが良いそうです。

 

おーちゃんの保育園の先生たちを見たら、やっぱりそうしていますね!!
絵本は顔の横。そして、子供たちにわかるにゆっくりわかりやすいスピードではっきりと絵本を読んでいます。

 

私も、ナナイロの時はゆっくり話していた気がしますが、三人目になるとちょっと雑というか、普段話す普通のスピードで話していた気がします。

 

幼稚園や保育園の先生たちはさすがプロ!!

私は、これは!!と思ったことは先生たちの技、いえでも真似してます!!

 

 

 

 

 

img_1677

ちょっと、一休みをして、先生の口の動きや下の動きを真似っこする遊びをします。

下を下あごに近づけたり、鼻先に近づけたり。ほっぺを膨らませたり。

 

 

よく赤ちゃんの時に、『にらめっこしましょ笑うとだめよあっぷっぷ~!!』とか『いないいないばぁ~』とかしましたが、あれってちゃんと言葉を促す意味があったんだな。。。と今になって思います。

今となって思うと、ナナイロのイヤイヤ期でいっぱいいっぱいで、おーちゃんとのそんなやり取りの時間も少なかったな。。。と思います。本当に反省ですね。

 

お口の体操では、風船を膨らませたり(小さい子にはむずかしいかも)、吹き戻しで遊んだり、シャボン玉をしたり。子供たちも楽しんで出来ると思います!!

吹き戻しも100均で売っていますよ!

 

 

img_1681

一休みの後は絵カードを見て、誰が何をしているのかを答えさせます。

img_1682

先生 『お水をこぼしちゃったのはどれ?』

おーちゃん、大正解!

 

大正解した後に、先生が、『コップのお水がこぼれた。』といった感じで話します。そしてそれをおーちゃんに同じように言わせます。

 

まぁ、うまくは言えないので、おーちゃんは、『水こぼれた!』でおわるんですが、おそらく先生の狙いは、『水が、こぼれた』といった感じで『が』をつけさせたいんだと思います。

 

img_1679

 

他の絵カードでも、お父さん・お母さん・おーちゃんに当てはめて、先生が『お父さんが泣いている』のはどれ?といった感じでおーちゃんに選ばせます。

 

そして、『お父さんが泣いている』と先生がいい、そのあとに続けておーちゃんに同じように言わせます。

 

これは家でも真似できるので、なるべく、『~が』『~を』『~に』といったかんじでいうように練習しようと思います。

 

 

img_1680

 

療育の先生って、やっぱりプロだな~と思うんですが、言葉の発達の訓練なのに、おーちゃんがすごく楽しそうに取り組める工夫をしてくださるんですよね!!

 

落ち着きのないおーちゃんでも、療育の時間1時間あるのですが、最初から最後まで座って受けていられます。そして、この笑顔!!楽しく通っています!

 

 

 

 

 

img_1683

最後に。

頑張ったおーちゃんに先生から楽しく美味しい言葉の訓練!!

 

これも家庭で真似できるのでやってみてください!!!

 

 

先生、スプーンでチョコシロップをおーちゃんの口元にちょこん!とつけています。唇の上だったり、横だったり、下だったり。

 

ルールは、歯でとらないこと。必ず下で舐めること。

 

これも下の動きの練習なんですって。

 

子供も楽しいけれど、見ている大人も楽しいです!!!

 

 

最後に。


私も、おーちゃんの言葉が遅いことがすごくすごく気になり、市の療育は混んでいてなかなか通えないし、どうやったら、おーちゃんの言葉を引き出せるんだろう?って悩んでいました。

 

療育に通えないのならせめて、家で何か言葉を引き出せる良い方法はないんだろうか?と。

 

でも、やっぱり私は素人。

分からないんですよね。とにかく焦ってばかりで。

 

言葉が遅くて悩んでいるお父さん・お母さんたちに、おーちゃんがやっている言葉の訓練で家でも出来ることがあったら、お伝えしたいな。。。そう思っています。

 

自分が得た知識は自分だけの財産じゃなくて、やっぱり困っている人や悩んでいる人の為になったら。。。と思っています。

 

自分が、幼稚園や保育園の先生方、そして療育の先生方、そして周りの友達にこうやっていつも助けてもらい支えてもらっていることを、私も誰かの為に何か少しでも力になれたら。。。って思うんです。

 

また、療育で訓練した内容をお伝えできたら。。。と思います。

 

 

 

ではでは~!!

 

自閉症についての関連記事はコチラ

[blogcard url=”http://nanairoday.com/byouki-6/”]

[blogcard url=”http://nanairoday.com/ziheisyou-3/”]

[blogcard url=”http://nanairoday.com/byouki-7/”]

 
▽自閉症・発達障害についての情報はここでチェックしています(トラコミュ)▽

それぞれの*発達障害と共に*
発達障害児を育てています
自閉症
自閉症スペクトラム
~自閉症児の育て方~

 

 

    こんにちは。みなさんどんな一日をお過ごしですか?!   我が家では今、4歳児が二人、そしてイヤイヤ期真っ最中の3歳児がいます。   双子のイヤイヤ期が終わってだいぶ楽になったな~と思っていたのですがまたもや大変な時期になってしまいました。   先 ... 続きを読む
a0002_008612

 

 

こんにちは。みなさんどんな一日をお過ごしですか?!

 

我が家では今、4歳児が二人、そしてイヤイヤ期真っ最中の3歳児がいます。

 

双子のイヤイヤ期が終わってだいぶ楽になったな~と思っていたのですがまたもや大変な時期になってしまいました。

 

先日ナナの入院や子供たち三人とも風邪で体調が悪かったこともあり、子供たちも不機嫌、そして精神的にも不安定になってしまい、私も子供たちと同じように精神的に不安定に。

 

子育ての自信を無くしていました。

 

 

 

子育ては諦めが大切。


 

 

a0001_000049

割となんでも完璧にやりたい私です。完璧にやらないと気が済まないといったほうがいいかもしれません。

 

子育ても・家事も・仕事も・趣味も。

 

全てを完ぺきにこなしたくて、自分の時間が全く取れずに、私は何を生きがいに生きているんだろう??家事をしても誰からも感謝されるわけでもなく、ありがとうを言われるわけでもなく、もちろんお給料をもらえるわけでもない。

 

そして、おーちゃんのイヤイヤ期。イヤイヤを通り越して癇癪です。

 

おーちゃんは自閉症と診断されているのですが、イヤイヤ期プラス自閉症特有のこだわりの強さもあるらしく、自分の思う通りにことが進まないと癇癪を起すのです。

 

そして、気持ちの切り替えにとても時間がかかる。

 

私もイヤイヤ期・・・いやっ、イライラ期。

 

私一人なら、5分~10分ででできることが、子供たちがいることによって30分~1時間かかってしまう。なにか作業をしていても三人に「お母さん!お母さん!」呼ばれ作業は途中でストップ。

ちょっと待ってね!が子供たちには待てない。。。

 

 

寝かしつけも私でないといけない。そして、寝ているときにも何度か目を覚まし私がいないと泣くので、寝かしつけを終わった後に家事をしたいと思っていても思うようにいきません。

 

 

 

完璧にやりたい私が何もかも完璧に出来ないこと。。。

 

 

それが、私にとってすっごくすっごくストレスでした。

 

 

でも、ここまで限界が来ると、諦めって大切なんだな・・・・と気づきました。(遅いかな?)

 

 

私が諦めた5つのこと


スーパーへ子供を連れて買い物へ行くこと。


スーパーへ子供たちを一緒に買い物に連れて行くと、一人で買い物へ行くときの倍くらい時間がかかります。

カートに乗る!降りる!!あれ欲しい!これ欲しい!

レジの長蛇の列に並んであともう少しで自分の番。と思ったとたん、「トイレ行きたい。」

 

結局私もイライラし、子供たちも不機嫌になるだけなので子供たちを連れてスーパーへ買い物へ行くことはやめました。

 

 

子供がいる時間帯に家事をすること。


子供たちがいる時間帯に家事をしようと思っても途中でとめられてしまい、思うようにすすみません。

子供たちは幼稚園や保育園から帰ってきた後は、園であったことを私に話がしたくて仕方がないんですよね!!そして、ひらがなを教えて!と言って来たり、喧嘩をしたり、あれ取って!コレして!!と要求が多く何もかも途中でストップです。

特に、ご飯支度は思うように進みません。

 

洗濯をたたんだり掃除機くらいなら遊びながらでも出来るので、そういった家事だけを今後することにします。

 

 

寝かしつけ後に家事をすること。


我が家、子供たちの就寝時間は20時半です。

ナナ・イロは5分もあれば寝てしまいますが、おーちゃんは、寝かしつけに2時間とかかかる日もあります。保育園でお昼寝の時間があるので、夜寝てくれないんですよね。。。

本当は寝かしつけ後に残った家事をしたいのですが、寝かしつけに時間がかかるとそのあとの家事が残っていることを考えるとイライラ。。。

 

そして、寝かしつけをしていると私まで眠くなってしまうんですよね。

 

だったら、もう、寝かしつけ後に家事をすることはストレスになるのでやめることにしました。

 

仕事を頑張ること。


私は、週に4~5回くらいパート勤務をしています。

時間は9時から14時くらいまで。割と融通が利く職場で、勤務日数や勤務時間は割と自由に自分で予定を組むことが出来ます。

子供たちが小学校高学年くらいになるまで仕事は少しセーブしようかと思っています。

 

週に2~3回くらいの勤務にしようと思います。

 

周りと比べないこと。


子育てって、周りはどうなのか気になりませんか??

 

私は気になります。同じ3歳の子が、どれくらいの成長・発達なのか。どんなことが出来てどんなことが出来ないのか。

 

周りと比べても仕方がないことだとはわかっているのですが

 

周りと比べるのではなく、自分の子が今までよりもどんなことが出来るようになったか・どんな成長をしているか。そこを見ていきたいと思いました。

 

 

 

私が新たに始めた5つのこと。


 

買い物はネットスーパーや配達食材を利用。


スーパーへ買い物へ行くことを極力減らしました。

 

今は、Oisix(おいしっくす)や、コープの宅配トドック(パルシステムのような感じです。)、イトーヨーカドーのネットスーパーなどを利用しています。




ある程度何日分かの献立を考え必要なものだけ注文しています。

店に買い物に出かける手間もなく、重たいものも運んでもらえ、子供たちのぐずりで困ることもないのでイライラが少なくなりました。



 

幼稚園や保育園を多少延長保育にしても子供がいない時間に家事を終わらせる。


子供たちは、私が仕事から帰ってきてお迎えに来るのをまだか?まだか?とたのしみにまっているとは思うのですが、早くに迎えに行っても、結局帰ってきてから私が家事にバタバタしていると子供たちになかなかかまってあげることが出来ません。

だったら、1時間延長保育をして、その一時間の間にご飯の支度やお風呂の用意などを終わらせてしまう。

 

延長料金はかかってしまうけれど、これでストレスなく時間に余裕をもって、子供たちが帰ってきてからは子供たちに目いっぱい付き合ってあげられるのならそっちの方が子供たちも幸せなんじゃないか?と思いました。

 

延長保育の間は、子供たちもお友達と遊んでいたリ、先生に遊んでもらったりしています。

 

自分一人だけだったら家事はすぐに終わらせることが出来るので効率的です。

 

 

寝かしつけと同時に寝てしまう。


上にも書いた通り、自分一人だけの時間に一気に家事を終わらせることにしました。

なので、夜にやらなければいけない家事はほとんどありません。

 

寝かしつけと同時に私も寝てしまうことにしました。

 

そして、今までよりも30分~1時間早く起きることにしました。

 

その朝の時間は、ゆっくりコーヒーを飲んだりブログをチェックしたり、そんな時間に使っています。

 

もしも、夜に家事が多少残ってしまっても、そんな時は朝のこの時間を使えばいいかな~と。

でも、なるべく自分の時間にしたいので頑張りますが(#^.^#)

 

 

仕事は子供たちがもう少し大きくなるまでセーブする。


仕事は、セーブすることにしました。

周りのワーキングマザーと比べない。

 

人は人自分は自分。

 

今までもこれからも自分が出来ることを頑張ればいい。そう思うことに。

私は決して器用な人間ではなく、子育ても上手なママではないので、自分にゆとりがないといっぱいいっぱいになってしまいます。

 

私はそういう人間。

 

だから、今は仕事をセーブして、子供との時間を増やして、自分の時間も大切にする。

 

 

出来るだけ駄目と言わない。


子供たちに今までダメダメ言い過ぎていたような気がします。

 

「早くしなさい!」「忙しいんだから!!」

 

そんな言葉ばかり使っていた気が。

 

自分にゆとりや余裕がないからなんですよね。

 

子供が言ってくる無理難題な要求もすぐダメダメ言わずに、時間と気持ちにゆとりを持って、とことん子供につきあっていこうかな?と思います。

 

 

昨日も17:00過ぎにおーちゃんが、イオンに行きたい!!うお米に行きたい!!お外に遊びに行く!!公園行く!!とイヤイヤしだしたのですが、いつもだと17時なんてご飯を作ったりお風呂の用意をする時間。。。絶対ダメと言っていましたが、仕事から帰ってきてから延長保育をしてご飯の用意やお風呂の用意は済ませていたので、イオンへ子供たちを連れて行きました。

ただ、おもちゃコーナーを見たいだけなんですがね(笑)

 

そしたら、イヤイヤも長引くことなく、おーちゃん満足したようです。

 

わたしもイライラせずにすみました。

 

まとめ


 

子育て中って、こんなにも自分の思うように時間が使えないものだとは思いませんでした。

子育て中のママが、育児ストレスを感じるのって、自分の思うようにやりたいことが出来ないからだと思うんですよね。

 

男の人にはなかなか分からないかな。。。

だから「俺だって仕事してる!」っていう言葉が出てくるのかな?

 

子供が小さいうちってとにかく思うようにやりたいことが出来ないんです。

すぐストップされますからね。

 

 

なかなか思うようにならない毎日。でも、きっと今この時間が子供たちと自分にとって一番大切な時のような気がします。

 

今しか出来ないこと。

 

 

子供が子供のうちに・・・

 

 

親が沢山笑ってあげること。

 

子供たちの声を一つ一つ聞いてあげること。

 

子供たちと沢山遊ぶこと。

 

子供たちをたくさん抱きしめること。

 

 

今しか出来ないことを最優先させるべきなんだって気づきました。

 

 

 

やっぱり日常で起こる辛い事にも意味があって、こんなことを考えるきっかけだったのかな・・・

 

 

本当に私も精神的にきつかったのですが、大切なことに気付けて良かった!!!そう思いました。

 
▽自閉症・発達障害に関する情報はコチラ▽(ブログテーマ)

それぞれの*発達障害と共に*
発達障害児を育てています
自閉症
自閉症スペクトラム
~自閉症児の育て方~

 
▽時短家事で自分時間を増やそう!!▽(ブログテーマ)
時短家事の工夫
もっと心地いい暮らしがしたい!
家事が楽しくなるモノ・工夫
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
家事がラクできる家づくりの工夫♪