なないろな毎日

双子・年子の子育てと、シンプルにスッキリ暮らすことでゆとりのある生活を。子育て・シンプルライフ・ミニマルライフ・節約・時短に関することを綴っています。

カテゴリ:子育て > 自閉症療育

  こんにちは。皆さんどんな一日をお過ごしですか??   今日は、おーちゃんの療育の日でした。   おーちゃんは今月で3歳。2歳0か月までほとんど言葉が出てこなく、やっと二語文出てきたのが2歳8か月のころ。   三語文は二語文が出てきてからわりとすぐに出てきまし ... 続きを読む
 

こんにちは。皆さんどんな一日をお過ごしですか??

 

今日は、おーちゃんの療育の日でした。


 

おーちゃんは今月で3歳。2歳0か月までほとんど言葉が出てこなく、やっと二語文出てきたのが2歳8か月のころ。

 

三語文は二語文が出てきてからわりとすぐに出てきました。

 

ただ、まだ不明瞭な発音が多い事、宇宙語が多い事、長文になると略して話してしまう事があるため、月に2回、市の療育へ通っています。

 

 

言葉が出てくるのが遅かったことと、全体的に発達がゆっくりな事、遊び方が変わっていることなどから、自閉症なのではないかと気になり、病院へ行ってみたところ自閉症と診断されました。

 

ただ、行く病院によっては自閉症ではないよ!と言われたり、自閉症ですと言われたり、正直どうなのか良く分かりません。。。

 

きっとグレーゾーンなんだと思います。年齢的にも。

 

これから成長するにつれてこだわりなどが強くなったり、人とかかわろうとしなかったりするとはっきり診断されるのかもしれません。

 

今のところ、療育では言葉を引き出すことが中心で、言語聴覚士の先生とマンツーマンです。(私も一緒の部屋にいます。)

 

言葉がなかなか出てこないと悩んでいるママさんがきっと私だけではなくたくさんいるのでは??と思い、また、療育へ通いたくても空きが無くて通えない子たちのために、おーちゃんや私が療育で学んだことをお伝えできたらな・・・そう思い、ブログに綴っています。

[blogcard url=”http://nanairoday.com/ziheisyou/”]

 

[blogcard url=”http://nanairoday.com/ziheisyou-3/”]

 

今日の療育は久々の先生・おーちゃん・私の三人での日でした。というのも、夏休み中、双子のお姉ちゃんも一緒に連れて行っていたのでおーちゃんの気が散ってしまいほとんど何もできずに終わってしまっていたのです。。。

 

療育の先生を発見すると、せんせーい!!!!と抱き着くおーちゃん。

先生の事大好きなんですね。。。(笑)

 

 

今日の療育の内容。


ぬりえ


 

IMG_1341

まずは、ぬりえをしました。何種類か用意されている塗り絵を自由に塗らせていました。おーちゃん左利きなのに、あれ?右手でクレヨン握ってる~!!

 

使う色を、先生が赤いクレヨンだね!とアイコンタクトを取りながら話していました。先生とおーちゃんの位置は毎回向き合っています。

 

先生の口の動きを見せているようです。

 

色の概念は、最近の子は早いそうです。ひと昔前は色を理解できるようになるのは4歳ごろだったようです。

 

おーちゃんは、青・赤・黄色・緑が何となくわかっていそうです。毎回正解なわけではないのですが、割と伝えた色のものを持ってきます。

 

 

塗り絵を何枚か塗らせた後は、その塗り絵の紙に自由にシールを貼らせていました。

おーちゃんは、塗り絵のキャラクターのお口の部分へシールを貼っていました。

食べ物のつもりなのかな??そのあと先生が絵の周り(背景)にお星さまみたいだね~と散りばめて貼っていておーちゃんにも促していましたが、おーちゃんは、先生の貼ったシールの横に一列に貼っていました。

 

よく、自閉症の子は、モノを一列に並べたがると聞くのですが、家では特に気にならなかったけれど、そういう素質やっぱりあるのかな~?なんて思ってしまいました。。。

 

 

 

 

吹き戻し


IMG_1342

そのあとは、吹き戻しをしました。以前もしたのですが、これは、お口の運動にいいそうです。上手に出来ました!先生に唾かけちゃっていてかぁちゃん赤面。。。

 

 

IMG_1344

これは、息を吹きかけて回すものなんですが、大人でもなかなかうまく回らない。

まわるもの大好きなおーちゃんは案の定手で回していました。。。

 

 

 

色合わせ。


IMG_1345

これは、サイコロを振って出た色と同じ色のところに風船の紙を乗っける。

 

 

IMG_1346

こんな感じです。

緑がでたときの写真ですが、サイコロが緑だったので、緑ちょうだい!と先生に言うと、先生が緑の風船の紙を渡してくれます。そして、絵の上に風船の紙を置きます。

 

これは、緑の風船の紙がほしい時に、「緑!」というだけではなく、「緑ちょうだい!」といった感じに二語文で言えるようにする訓練だったように感じます。

 

おーちゃんは、ちょうだい!から、自分でアレンジして、「青、貸して~!」になっていました。

 

そういったことも事細かく先生はチェックして記録していました。

 

 

 

今回の療育は、色を覚えることと、一言で物事を伝えるのではなく少し長い言葉で人に気持ちを伝えるという練習だったようです。

 

 

 

おーちゃんは、普段保育園でお友達とはそんなにかかわりがないと、保育園の先生から話しを聞きました。

 

 

そのことを療育の先生へ相談してみました。

 

これくらいの年齢の子は本当に微妙で、まだ、お友達とのかかわりが難しい子もいるとのこと。

 

お友達と子供との間に大人が仲立ちしてみてどういうかかわりをしているかが知りたいと療育の先生が言っていたのでそれを明日保育園の先生へ伝えたいと思います。

 

 

療育は、子供だけではなく親もいろんなことを学習できます。
通えるようになって良かったな。。。と思います。

 

自分の子が、何となく周りの子と発達の状態が違うような気がする。。。と感じているママさん。

 

専門の知識を持っている、保育園の先生・幼稚園の先生・保健師さん・言語聴覚士さん・作業療法士さんなどに相談してみるといいと思います。どんな小さなことでも不安に思うことは。

 

自分の子が育てにくいと思うことはないですか?

自分の育て方が悪かったのかな?と悩んでいないですか?

 

子供も親も何も悪くない。

 

苦手な事・出来ない事はやり方を変えればいいだけ。

わかりやすく、やりやすくやり方を変えればいいだけ。

 

昨日の私の記事も同じような内容だな。。。と思いました。

[blogcard url=”http://nanairoday.com/kimoti-25/”]

 

私の早起きできないことも、料理が苦手なことも、洗い物が嫌いなことも、片付け掃除が苦手なことも生活するにあたって障害。

 

 

障害があってもなくても完璧な人なんかいなくて、大切なことは苦手なことをどう補うか。

自分で補えないことは、補える人が補ってあげたらいい。

みんな完璧じゃないでしょ?苦手な事あるでしょ?出来ない事あるでしょ?

 

それが出来たら、世の中の障害は障害では無くなるんじゃないか?って思います。

 

次は一週間後。

 

また、どんなことをしたのか報告出来たらな・・・と思います。

 

▽発達障害・自閉症の情報はこちらのブログテーマから▽

それぞれの*発達障害と共に*
発達障害児を育てています
自閉症
自閉症スペクトラム
~自閉症児の育て方~

  今日は、北海道もすごく暑かったです。   子供たちは夏休み中ですが私が仕事の時は幼稚園、保育園に預けています。   ナナは今日幼稚園で外遊びをしたようで、帰ってきてから、腹痛・嘔吐・発熱・頭痛・トイレに行かない・水分取れないという症状で、病院へいっ ... 続きを読む
a0027_001434

 

今日は、北海道もすごく暑かったです。

 

子供たちは夏休み中ですが私が仕事の時は幼稚園、保育園に預けています。

 

ナナは今日幼稚園で外遊びをしたようで、帰ってきてから、腹痛・嘔吐・発熱・頭痛・トイレに行かない・水分取れないという症状で、病院へいってきました。

 

 

軽い熱中症でした。

 

幼稚園へは夏の間、毎日水筒を持っていってるのですが中身が水限定なので、塩分が取れないんですよね。

なんとかならないかな~。

 

 

 

さて、話は変わって、うちの末っ子おーちゃんの療育へ行ってきました。

 

 

 

うちの末っ子は自閉症で、月に2回、市でやっている療育へ通っています。

 

関連記事

発達障害・自閉症かな?と思うママさんへ。我が子が自閉症と診断された私が伝えたい事。そして今後の情報を伝えたい。

 

自閉症の言語訓練(ST)療育の内容。言葉を引き出す訓練法とは。


 

今回は夏休み中でナナ・イロも連れていった為、おーちゃんが集中できなくて言葉の練習は全くできずに。。。

 

今回はお片付けの方法を教わりました。

 

今、整理収納アドバイザーの資格の勉強もしているので、ちょっと興味津々でした。

関連記事

整理収納アドバイザーの資格に挑戦してみようと思います。


 

自閉症の子だけではなく、どんな子にも、いや、子供だけじゃなく大人にもなるほどな。。。と言った内容だったので、お伝えします。

 

子供へ片付けを教える3つのポイント。


 

  1. 分かりやすさ

  2. ゴールが目の前

  3. 少ない数・種類から始める


 

 

 

分かりやすさ


私は、子供たちへ片付けを教えるときに分類分けをしていました。

 

おままごと・乗り物・こどもちゃれんじ・制作物・ブロック・積木といったかんじでそれぞれ各おもちゃ箱へ分類させていました。そのほうが遊ぶときにどこに何があるかわかりやすくていいと思ったからです。

 

子供はその片付け分類が多くなれば多くなるほどわかりにくく、そして時間もかかるため片付けてみよう!!という気がなくなってしまうようです。

こんなにたくさん出してしまったモノ、一人で片付けられないよ・・・

 

そんな気持ちらしいです。

 

まずは、散らかっているおもちゃを、おもちゃ箱へ入れられたらOK。

分類分けは少しづつ片付け方を理解してからでないと難しいそうです。

 

 

 

ゴールが目の前


 

片付けるおもちゃが沢山あればあるほど、片付けのゴール=終わり が、見えないので片付けよう!!と思えないようです。どこから始めたらよいのか・何をしたらよいのかわからないんですね。

 

なので、まずは散らかっているもののほとんどを親が片付ける。

(これを聞いた時、え~??そうなの??と思いました。イライラせずにまず親が片付ける。。。)

 

後数個になった時点でこどもに「お片付けしようか!!」と促す。

 

 

でもこれって、大人でも同じだともいませんか??

 

 

沢山モノがあふれている状態だと、片付けよう!!という意欲がわきません。まさに私がそうでした。マキシマリストでしたので。

何をどこからやったらいいの?!といった感じ。

 

でも、出ているものが5つだけで、それだけ片付ければ部屋がきれいになるのなら、さささーっと片付けられますよね!!

だからやっぱりモノって増やしちゃいけないな。。。そう思いましたよ。

 

 

大人でもそうなんだから、子供だと沢山散らばったおもちゃを子供だけで考えて片付けるなんて確かに無理だ。

 

 

少ない数・種類から始める。


 

↑でも書きましたが、数多くのモノを整理するのって大人でも子供でも難しいのです。

 

2~3歳の子だったら、始めは、3つくらいから始め、その3つをおもちゃ箱へ持っていけたらOK。出来たらとにかく大げさなくらいに褒めるといいそうです。

 

お片付け出来たね~! お部屋きれいになったね~!と。

 

この時も先に大人がある程度片付けて、残りの数個を子供に片付けさせる。

 

3個から5個、5個から10個。1種類から2種類、2種類から3種類とだんだんと増やしていき、まずは片付けはお部屋がきれいになって気持ちいいし、ママやパパもニコニコうれしい。子供自身も部屋がきれいになってうれしい!という事を覚えてもらう。

 

 

片付け方は徐々に身につけるもの


 

片付けって、幼稚園や小学生、中学生になってもなかなかうまくできない子が多いそうですよ。

 

まずは片付けの基本から教えること。

 

初めから完璧になんてできません。

大人になるまでに、ゆっくりゆっくりでいいから片付け上手になってほしいなと思います。

 

そのために、わたしも一から整理収納の勉強をして家族に伝えられたら・・・と思います。

 

こどものおかたづけのコミュニティも参考になります。
ブログ村テーマ
こども の おかたづけ

 



 

我が家の末っ子おーちゃんは、自閉症です。 今年の4月に病院で診断され、市での療育を勧められて今日初めての療育へ行ってきました。   関連記事 言葉が遅い・落ち着きがない・異常行動がある我が子。診断してもらいました。 言葉が遅い、不思議な行動、自閉症!? 発 ... 続きを読む
我が家の末っ子おーちゃんは、自閉症です。

今年の4月に病院で診断され、市での療育を勧められて今日初めての療育へ行ってきました。

 

関連記事 言葉が遅い・落ち着きがない・異常行動がある我が子。診断してもらいました。

言葉が遅い、不思議な行動、自閉症!?

発達障害・自閉症かな?と思うママさんへ。我が子が自閉症と診断された私が伝 えたい事。そして今後の情報を伝えたい。

 

 

病院で診断される前は市の発達相談へ定期的に行き、遊び支援というものを受けていました。

 

遊び支援って、ただ遊んで何になるんだろう??と思っていましたが、遊びを通して人との関わりが楽しい・興味を引き出す意味合いがあることを聞きました。

 

うちの子って自閉症なのかな??言葉が遅くてなかなか出てこない・遅い・発音が不明瞭。

 

そう想い心配しているパパさんママさんに少しでも参考になればと思い、私とおーちゃんが受けている療育に関し定期的にブログでお伝えできたら・・・と思います。

 

おーちゃんの自閉症の症状


一歳前



  • 音のする方向に振り向かない。

  • あまり泣かない。手がかからない。

  • 喃語が全くない。


 

一歳半前後



  • 落ち着きがなくチョロチョロ

  • クルクル回るものが好き。

  • 横目で見ながら同じ場所を行ったり来たり。

  • つま先立ちで歩く。

  • 単語どころか喃語もでない。

  • 気に入らないことがあると頭を打ち付ける。

  • 呼び掛けても反応が薄い

  • 一人遊びが好き。

  • ひとつの遊びに熱中する。

  • 見立て遊びをしない


 

 

二歳前後



  • 正しいおもちゃの使い方をしない。(何でもコマのように回して遊ぶ)

  • 単語がいくつか出始める


 

 

二歳半前後



  • 急にニ語文、三語文が出始める。

  • 人との関わりが出来るようになってきた。

  • ロゴが好き。AEONやベネッセのマーク、検索ボタンなど。


 

こんな感じでしょうか。明らかに他の子とは違う違和感はありました。

 

参考にした著書

こちらの本が一番わかりやすかったです。




 





 

第一回目の療育


 

パズルで遊びながら発音やどれくらいの理解があるかをチェック。


IMG_0949

先生と向かい合い、わからなかったもの・不明瞭な発音で答えたものはそのパズルを先生の口元へ近づけ物と口の動きを見せ真似させる。

 

公文のカードを使って口の動かし方の練習


IMG_0953

公文式のカードを使いイナイイナイバァや、あっかんべー、あっぷっぷ!を言いながら頬を膨らませたり、舌を出したり、口を閉じてから息を出す練習。

 

使っていたのはこのカードでした。

吹き戻しを使い口のすぼめ方・息を吹くことの練習


IMG_0950

吹き戻しを使い長く息を吐き出す練習。そのあとは風車を使いました。ティッシュを一枚顔のまえに近づけ息で揺らす練習もしました。

IMG_0952

 

こんなことを今日はしてきました。

 

言葉がうまく話せない原因


 

言葉がうまく話せない理由として、

 

  • 耳で間違った音で聞いていてきちんと話せない。

  • きちんと耳では聞いているが、うまく口の動きを使えていなくてきちんと話せない。


 

この2パターンがあるそうです。

 

おーちゃんの場合はどちらなのかこれから観察するそうです。

 

今回の療育で聞いた、家庭での言葉の引き出し方。



  • 文字数の長い単語はきちんと言えていなくてもそれなりに真似できていればOK。

  • 発音がはっきりしなくて間違っていても指摘はせず、「そうだね、〇〇だね!」と、その場で必ず正しい発音で言葉を聞かせてあげる。

  • 物の名前や単語を教えたいときにはアイコンタクトを取り口元の動きを見てもらうようにする。


今回の療育でしたことは家庭でも出来ることばかりです。

 

遊びを交えながらさっそく実践してみようと思います。

 

次回は二週間後です。