もっと自分を楽しむ♡ハッピーライフスタイル研究家のmakiです。@nanairodaymaki

fe74ddd7b8e8bfb1ba9b08d6ec72f782_s



人間って、1日に6万回くらい何らかの思考をすると言われています。

無意識のうちに6万回も!!





私にも思い当たる節があります。

でも、いろんなことを考えているから、すぐにまた他のことを考え出し、
今まで考えていたことはすぐ忘れてしまったり。。。


人間は、記憶した直後に半分近く忘れているそうなんです。

関連記事 記憶は覚えた直後に半分近く忘れるという事実。忘れないために私がやっているこんなメモ術。


だから、メモって大切なんだなぁ〜と。


そして、色々考えていると、すごく疲れませんか!?


そんなに体を動かしていないはずなのに、頭を使うとすごく疲れます。




脳のどの部分で集中したり行動に移したりしているか知っていますか??

メンタリスト DaiGoさんの 自分を操る超集中力 にこんな内容が書いていました。


人間って、脳のどの部分で、意欲ややる気・集中力を高めたり、頭の中で思いえがいたことを
行動に移したり、感情のコントロールをしているか知っていますか!?


おでこのすぐ後ろの方にある前頭葉という場所がそういった働きをしていると考えられています。

人間は他の動物よりも前頭葉が発達していると言われています。




色々と、やらなければいけない事・何かに集中している時・何かを想像している時・何かを我慢している時・・・


そういう時って、そんなに体を動かしていないはずなのにすごく疲れませんか?



それは、前頭葉のパワーをたくさん使っているからだそうなんです。

前頭葉のパワーを省エネし集中力を高めるには?

メンタリスト DaiGoさんの 自分を操る超集中力 にこんな内容が書いていました。



人は、行動ではなく「意思決定」で疲れる。


例えば、何かを選んだり決めたりする際の選択肢が多すぎると、前頭葉のパワーを人間から奪い、
結果疲れてしまう。



目覚めて、朝食は何を食べるのか・何を着て出かけるか・・・
そんな毎日の生活の中で『何をやって何をやらないか』

そういう、何気ないことの選択と決断でも、繰り返すたびに、前頭葉のパワーを使っているということです。



前頭葉のパワーを省エネして、疲れにくく集中力を高めるには、『習慣化』することがいいそうです。
『習慣化』することで前頭葉ではなく小脳を主に使われるようになるそうです。



習慣化




実際に、私も、日々の家事などをなるべく習慣化して、無意識の状態でも体が動けるようにしていますが、やっぱり楽なんですよね。


いちいち考えてから行動している感じがしなくて、勝手に体が記憶して動いている感じです。

関連記事 毎日の事だけれど忘れがちな事はルーティン化してしまおう!!


歯磨きや、お風呂に入ることも勝手に体が動きます。


それが、いちいち、次は歯磨きをしなきゃいけなくて、これが終わったら、お風呂に入らなきゃ。。。って感がて行動しているとやっぱり疲れそうですよね。




やっぱり、毎日疲れを少なく生活するには、習慣化って大切なんだな。。


面倒なことほど、習慣化してしまう。
習慣化できる仕組みづくりをしてみる。




いつもいろんなことを頭の中で考えて、疲れてしまっている私のこれからの課題だな・・・と感じました。




興味のある方はぜひ読んでみてください♡
    






ではでは♪




ラインで更新通知が届きます♪

にほんブログ村テーマ
書評、レビュー

本・感想・評論・レビュー




☆こんな記事も書いています☆
ミニマリストは時間も食材も無駄にしない。節約も時短も同時に叶う食材買い出し術4つを紹介します。

子供達の今必要のない服が簡単にわかるシステム作りを紹介します!

必要ないモノに時間を奪われたくない。





ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村