やりたいことは全部やる人生♡『暮らしと人生』の整え研究家 makiです



去年から調子の悪かったワンコ。
みーちゃんが、今月10日に亡くなりました。


IMG_9736


3年くらい前から腫瘍があって、
年齢も年齢だったので
手術はしなかった



で、ずっと悪さしてこなかった腫瘍だけど
肺にも転移していて
やっぱり悪性腫瘍だったのかなぁ?




IMG_9715

腫瘍がだんだん大きくなって
心臓やハイを圧迫していて

呼吸が辛そうで
舌の色も紫でチアノーゼが出てた。



12月末から毎日注射と点滴をしに
動物病院へ通ったけれど

IMG_9666


ご飯がたべられなくなってきて
ご飯が食べられないなら毎日点滴に
通ってね!!って感じで


何が正解なのかはわからないけれど
とにかく辛い思いはあまりさせたくなくて


ご飯も無理に流動食は辞めた。



注射と点滴で病院へ通うのも辞めた。



ご飯が食べられないから点滴しないと
死んじゃうよ?って先生に言われたけれど


私は食べないから死ぬんじゃなく、
死が近いから食べられないんだって思った



ご飯が食べられないのは
死ぬ準備を体が始めてるっていう事だと
そう私は思うんだよね



食べたら食べた分、消化するのに
たくさん臓器を動かさなきゃいけない


もう、去年から何度も虹の橋を渡りそうになって、でもまだ本人は私たちと一緒にいたいみたいで頑張ってた。


ご飯なんて10日間全く食べず
お水だけ飲んで頑張った。



痩せ細って骨だけになった姿で
それでもトイレは失敗したくないみたいで
行きたい時は立ち上がって私を呼んだ


夜も毎日一緒に寝て、
トイレの介助や
歩いて何度も倒れるので起こしてあげて

寝ている間何度も心臓が動いてるから確認して



思うのは
介護もできて、病院にも連れて行けて
一緒に寝れて、最期、心臓の鼓動が
ゆっくりになってとまるまで
一緒にいれてよかったって事



ペットロス??



ペットロスにはなっていないと思います。



まだ亡くなる前にも
辛そうな姿を見て何度も泣いて

本当は本人も不安な中
泣いちゃ感情が伝わるから
ダメなんだろうけど
私には無理で何回も泣いた


亡くなる前から何度も覚悟できた事で
亡くなった後は冷静でした



IMG_9739



みーちゃんが亡くなって


IMG_9753

相棒の、のあが。。。

この子もみーちゃんと同じ13歳。

心臓病からの肺水腫で
この子も去年年末から何度も調子を崩してて。



みーちゃんが亡くなった事で
ペットのペットロスで
のあもご飯を食べなくなっちゃって。



今はそっちの方が心配です。


動物を飼うってことは
こういうことを覚悟しなきゃいけないし

死ぬ時が辛いから次はもうペットは
お迎えしないって思うんだけれど



一緒に過ごしている時間が幸せすぎて

何度辛い思いしてもまたお迎えしてしまう



動物がいない生活なんて
考えられないんですよね〜


動物を育てるというより
動物に育てられている気もします



そして、動物とかペットとか言ってるけど
私の中では子供達と全く変わらない存在



ペットは家族です

輪廻転生が本当にあるとしたら


犬は人間に大切に育てられ
たくさんの経験をできたら
次は人間かもといわれているそうです



犬として沢山の愛情と学びを
与えられてたら良いのですが、、、

わたしは沢山幸せだったので
きっとみーちゃんも幸せだったに違いないと
そう思っています


IMG_9786

暗〜い内容の記事になっちゃいましたが
わたしは元気です!!


しばらくブログお休みしてる間に沢山
泣いて、沢山悲しんだので


姿はこの世から消えてしまったけれど
魂はこの辺をうろちょろしていて
会いたい時に会えるし


みーちゃんは苦しかったのも嘘のように
今は沢山走り回れているので。

食べれなかったご飯も
沢山美味しく食べれているので。


わたしもしっかり前を見て生きていきます。


ではでは♡

ランキングに参加しています
皆さんの応援が更新の励みになっています


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプル・ミニマルライフの参考に
ブログ村テーマ

シンプルライフ
シンプルで豊かな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

シンプル・ミニマルライフ

シンプルでナチュラルな生活