私が小学生の頃は
一年生の時は100円


二年生の時は200円


と、学年に100円かけた金額を
毎月もらっていました


低学年の時はビックリマンチョコを買って



中学年では『りぼん』や、『なかよし』といった
マンガ本を買い


高学年の時はあれ?なに買っていたんだろう??記憶にないなー




今自分が親になって子供達にお小遣いをあげる立場になってどうしてるかというと



我が家は小2の子供達に一週間に500円、
年長の子供に一週間に300円渡しています



なので月で言ったら
小2の子供達は約2000円
年長は1200円くらいです



我が家のおこづかい制度は
この本を参考にしていて

まるっきりこの内容と同じというわけではないのですが参考にさせていただいています




 





おこづかいなんですがどちらかというと、
お金の教育としてあげています


小2と年長ですが
寄付や税金の話もわかるレベルで
説明しました!!




金額だけ聞くと
えっ??そんなにあげてるの??と
思われるかもしれませんが



お菓子や小さな雑貨など
子供達が欲しいと思うものも

保育園や学校で使う文房具なども

お祭りなどに使うお金も

いつか買いたいと思っているNintendo Switchも



この毎週のおこづかいから貯めて
そしてつかわせています

  
おこづかいはなにもしなくてももらえるわけではなく
子供達それぞれに役割を決めて与えてます


仕事ですね!!


くつをならべたり、洗濯をたたんだり
テーブル拭きだったり、内容はどれも簡単なものばかりですが


子供達の成長に合わせてお手伝いも
難しいものにしていこうと思っています


仕事ができない日があったからと言って
おこづかいを渡さないとか
おこづかい制度をやめるというわけではなくて


できない理由や、理由によっては
別の仕事にかえるなど、子供達に交渉の場を与えます


おこづかいをもう少しあげてほしい!!というときも、一方的にダメ!!というのではなく
話し合いをします



あと、毎週のおこづかいのほかに
1回30円!!など値段を決めて雑草取りを
してもらったりボーナスもあります!!







毎週もらうおこづかいは



IMG_6263


こんな感じで


  • 欲しいものを買うためのお金と
  • 学校などで必要なものを買うためのお金と
  • お友達へのプレゼントやお祭りなどに使うためのお金と
  • 金額が大きくて長い間コツコツ貯める必要があるお金


毎週のおこづかいをこの四つに分けて
入れ物に入れています





おこづかい帳も、もちろんつけています


小2位になると算数の勉強にもなります






おもちゃや、お菓子なども、いつも親のその時の機嫌次第で買ってもらえなかったり買ってもらえたりというよりは



子供達に自分たちで役割を果たしてそれでお金をもらえる


お金を得るということは信用問題なんだということと

得たお金を自分たちで考えて使えるようになって欲しいという思いからおこづかい制度を始めました




子供達が大人になる頃
きっとキャッシュレス化が進んで


お金はほとんど使わなくなるんじゃないかな?と思っています



今この時代でもクレジットカードやローンで失敗して破産する人がいます


それが、キャッシュレス化が進むと
数字しか見えなくなってきます


実際お金を見れば
使えばなくなっていくお金も


数字だけだと使っても使っても
なくなっていく感覚って湧きにくいのでは?と
思います



私はお金で失敗してきた方だと思うので
子供達には今のうちから教育したいと思うんですよね




子供達、おこづかいを渡すようになってから
いろんな失敗もしてますし
何も考えずにすぐ使ってしまったせいで本当に欲しいものが出てきた時に泣きを見たり・・・

先日のお祭りの時も、子供達のお金なので
好きに使わせましたが


子供達なりに優先順位を決めて
本当に欲しいものやりたいことのために
我慢ということもしていました!!

(前までは、親がお祭り代出してたので子供達好き放題やってたよね〜)




幼い今の内だからこそたくさん失敗をさせたい!!

大人になってからの失敗は代償が大きいです!!
今のうちにたくさん失敗させてたくさん学んで欲しい。子供達へのおこづかいはその為です。








ランキングに参加しています!!
こちらをポチっお願いします♡