子供に言われてハッとしたこと


『お母さんいっつも忙しいね!!』
『早く!早く!ばかりで何も話聞いてくれない』


確かに日中仕事をしていて
帰ってきてから自宅での仕事もありますが




役員の仕事だったり
ボランティアの仕事だったり
そういったものが結構あって


子供達にとっては
何が本当の仕事で
何がボランティアの仕事のかは
わかっていないとおもうのですが





今も掛け持ちで数個やっている
役員・ボランティア

『やります!』
と手を挙げた私の責任なんですが


毎回誰も手をあげる人がいなくて
あの空気感に耐えられず


そして
町だったり学校だったり園だったりに
お世話になっているので
何か自分にできることを
協力したい!!
そう思い


自分に出来ることしかできないけれど・・・
という条件つきで
するんだけれど


だいたいが、引き受けてしまったら
結構な量の仕事があって・・・



その内容にもよるけれど
断るに断れなかったりする







活動をする為に
子供との時間が取れなくなったり

家事が回らなくなったり
睡眠時間が少なくなったり





ここ数日もそんな感じで
私もヘトヘト


子供達と一緒に寝れなかったり

宿題をみてあげられなかったり

本来の仕事が出来なくなったり
他にもやらなければいけない家事が
山ほどあって


イライラしてきて


子供に当たってしまっていたところが
あったんですよね


結局は自分に余裕が
なくなってしまっているんです


生活をする為の仕事だと
しないわけにいかないので
辞めることは出来ませんが


ボランティア的な活動は
あくまでもボランティア


自分や子供達との時間を犠牲にしてまで
やる事じゃないのかな?と

そんな風に思いました



第一優先はいったい何??


誰かのためにやっている事が
自分の家族を辛い思いさせていたり
負担をかけているとしたら

本末転倒というか


自分にとって何が一番の優先順位なのか

やっぱりなんでも
『出来ます!やります!』ではなくて
ここからここまでは出来る

ここからは出来ない

そういう線引きをはっきりさせて
断る勇気も必要なのかなーと
思いました


自分も苦しい
家族も苦しい仕事は
結局は誰のためにもならないって事


誰かのためにと思ってやっている
ボランティアも
まず自分や家族との暮らしが
整ったその先にあるものだの



うん。。。

もう無理はしない。
負担が大きすぎることはやめよう!!


そんな事を思った1日でした






ランキングに参加しています
皆さんの応援が更新の励みになっています